「コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 6」感想

ここでは、「「コードギアス 反逆のルルーシュ Sound Episode 6」感想 」 に関する記事を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メインキャラ全員集合ジャケットのシリーズ第6弾!

優しい世界
最後となったドラマCD第6弾はナナリーがキャラソンを務めました。
ルルーシュを想う気持ちがひしひしと伝わる曲ですね
ナナリーは過去も現在も兄と共に生き、そして兄の想像する未来が訪れることを切に願っているという思いが感じられ、ちょっと感傷的になってしまいました…

黒 の キング
ルルーシュとリヴァルの出会いのお話。
なぜ、ルルはバーにいたのか?
ルルもリヴァルも相変わらずな様でww
まぁ、あのサイドカーの話が聞けてよかったかな。
リヴァルがルルを慕う?理由も結構単純みたいだったようでww

帝国 の 兄妹
シュナイゼル、コーネリア、ユーフェミア、クロヴィスの兄妹それぞれの思いが垣間見えるストーリー。
クロヴィスのいう正攻法とは何だったのか?
それは、エリア統一を早急に進めようするコーネリアの考えと、誰もが幸せに暮らせる世界を作ろうというユーフェミアの考えが入り混じっているように思えた。
結果として、クロヴィスの行動がルルーシュとC.C.を引き合わせ、クロヴィスの想いは儚く散ったわけだが…
アニメ版では、頭の悪い総督wとして描かれていたがクロヴィスはルルーシュ兄妹とエリア11の事を考え行動していたんだよな…

最期 の 誘い
特区日本突入の前日のストーリー
ルルーシュとスザクの想いが交錯する
この時、スザクはもうルルーシュ=ゼロと知っていたんだよな…たぶん
だから、スザクは友達としてルルを諭したんだと思う…
まさか、あんな結末が待っているとは2人とも思わなかっただろう

三つめ の 理由
他のストーリーがアニメの時間軸に沿って語られるアナザーストーリーなら、これは完全なオリジナルストーリー。
ルルーシュとスザクとカレンが銀行強盗に巻き込まれるといった話。
ルルとスザクの信頼の強さがうかがえる
最後 の 誘いを聞いたあとに聞くと何だか二人なら違う未来も描けたんじゃないかと思わせされた…
ルルもスザクも運命に翻弄され続けられている……




最後のシリーズだけあって、結構思うところがあったりして…
キャラ1人1人の心情を秀逸に描いている作品だからこそ、いつまでたっても熱が収まらないww

ルルはナナリーと幸せに暮らせる世界を作るために
スザクはユフィの願った世界を作るために

2度と交わる事のない想いの結末は…

ギアス2期が本当に楽しみです
スポンサーサイト

関連タグ : コードギアス,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。