「パ ル フ ェ ~ chocolat second brew ~」プレイ感想

ここでは、「「パ ル フ ェ ~ chocolat second brew ~」プレイ感想」 に関する記事を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレイしたのは戯画より発売された「パルフ ェ ~ chocolat second brew ~

ていうか、随分前にプレイしたんだが、その時に書いた感想を発掘したので載せてみる


シナリオ  ★★★★☆
グラフィック★★☆☆☆
音楽    ★★★★☆
システム  ★★★☆☆
キャラクター★★★★☆

おすすめ度 ★★★★☆

シナリオ
里伽子>>>ま~姉ちゃん>>>明日香>かすり>由飛>玲愛
キャラ
里伽子>>>>>玲愛>>>>ま~姉ちゃん>>>>>明日香>かすり>>>>由飛


最初から最後まで、里伽子の圧勝でした!したっ!
なんか、こう最初は自分の気持ちに素直になれない・恋に臆病になっているポジションのキャラだと思ってたけど、まさかの…驚天動地! 伏線というピースを見事に里伽子のために消化させて贅沢すぎですよ。
玲愛のヤキモチするシーンなんかは、もうね…萌え殺す気かっ!!ってくらいのツインビームをお見舞いされたねwww
他ヒロインも、洗練されたセリフが堪らなく良くてシナリオのレベルの高さを体言してるよ。ホントに、シナリオに関しては言う事ありません。素晴らしいです。でも、感動したかっていうと…里伽子√と明日香√で、ちょっとウルッときただけなので、惜しいなぁ。

グラフィックは、あんまり好みじゃないんですよねぇwwwしかも、CG毎で違って見えたりするんでぇ…… 立ち絵は文句ないだけど、由飛のやつれた立ち絵が凄く…怖いです……

音楽は、LeafTicketが名曲過ぎて(^^;良い意味でね…他のBGMが霞んでしまいましたとさ

システムは、可も無く不可も無く良、音声再生継続やバックログからの復帰をマウススクロールのみで出来たりしたらなぁ…BGM名表示は少し嬉しかったりした


丸戸氏は、少女の弱さとか闇の部分を描くのが巧いなぁというのがプレイ後の感想。というのも、丸戸シナリオは初めてプレイしたので… 伏線として練りこむだけじゃなく、このパルフェ自体のフラグシステムがうまく作用されているんだと思った。少女の闇の部分を描く際、そのキャラの固有イベントではなく他キャラのイベントによる描写の介入がその後のNormalエンドとTureエンドの分岐に関わってくる。Normalエンドは、ヒロインの闇を解消しない(そのような描写がせれぬ)ままハッピーエンドを迎えてしまう。Tureエンドは、ヒロインの闇に触れ主人公と共に克服しハッピーエンドを迎える。正直Normalエンドいらなくね?だって、葛藤や苦労のしないで掴むハッピーエンドって、なんていうか… 嘘っぽくね?

じゃあ、なぜNormalエンドを用意したか? それは、里伽子TUREへの布石だーーー! 
 …って、言ってる自分でも意味分かってないわwww 自分でも良く分かってないけど、主人公の思いの強さを高さを表したのがNormalエンド。
ヒロインの思いの強さを描いたのがTUREエンドなのかなぁと…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
*zarachielさん
現実感… 言われてみればそうかもしれませんね。それに戯画の作品は現実感と非現実感の分け方が上手いっていうのもあるかも…

目に入るエロゲー… そして、僕は積みゲーばかり増えていく……orz
2008/03/27(木) 22:40 | URL | 樋口のびる #-[ 編集]
戯画社の原画は他の各社より現実感が豊富だと思う。
ところで、最近、目に入るエロゲがとーても少なくて、我慢の期限もぎりぎりだ。
2008/03/26(水) 14:45 | URL | zarachiel #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。