スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田中ロミオのライトノベルシリーズですぅ ちなみに人類は衰退しましたは1巻途中で投げましたww
学園ラブコメらしいですよ?

この作品、前情報知りすぎると面白くなくなると思う。

 読んでいるうちに、自分の中で作品の世界観が一瞬で180度変わる痛快さが一番の魅力かな?
それでいて、超展開では無く、物語のというか作品の確信に繋げていく様が読んでいて楽しめた。
自分的にライトノベルは、一気に読まないと楽しめないものと余韻に浸りながらゆっくり読むものがあるけど、これは完全に前者で一気に読むことによって不思議な感覚に陥るかも…
 登場人物では姉貴が好きなんだけど…出番少なすぎて泣いた……悲しいね
一郎も良子もかなり良いキャラなんだけど、最後の子鳩さんとか伊藤君のキャラの変貌には勝てない…
読んで損はしないな。むしろ、このエントリー見てる人は、ぜひ見ようぜ!


上で前情報知りすぎると…って言ったけど、あらすじだけ…

非凡な男子高校生佐藤一郎は夜中に忍び込んだ学校で、青の魔女・リサーチャー佐藤良子と出会う。
「情報体の干渉は、プロテクトを持たない現象界人には防ぐことは出来ない」
「何言ってんだか分かんねーよ」
この出会いによって、一郎は竜端子をめぐる戦いに巻き込まれていく。

「タイが曲がってらしてよ」
「あ…お姉様」

やがて、その戦いは一郎のクラスまで巻き込み…
「飛霊、おまえの力、この木下が譲り受けるぞ」
「待て賢者よ。その物は、ゼウムヘウム直属の騎士だ」
失われた力が、覚醒していく…

「世界に不思議はあってもいいんだ」
意味深な言葉を呟くアクセサリー屋の正体とは…

そして、学校中を巻き込み、神殿の中で一郎と良子が見たものとは!







まぁ、嘘っぱちですけどね(笑)
文章力ないなぁ、俺
スポンサーサイト
アニメ化も当然の様に決まり、発売日を間近に控えたPS2「あかね色に染まる坂 ぱられる」のプロモーションソフト…ようは、体験版をプレイしたので一応感想。

このPS2版での追加要素とは、サイト内にもあるように…
 その1:新ヒロイン”華恋”登場!!
 その2:キャラボイスのキャスティングを一新!!
 その3:シナリオを全編リニューアル!!
 その4:イベントシーンCGを大量追加!!
    となっております。

 やはり、一番の注目ポイントはキャスティング変更ですよね。
賛否両論ある…というか、PC版プレイした人からすれば違和感はありまくりでしょうが、優姫と観月先輩以外は個人的には及第点。平野綾さんは、俺たちが求めるベクトルとは違う方向に頑張っちゃてる感が否めないがw 体験版声無かったなごみ役は、もうラジオ聞いただけで…やめて下さいと(切実
というか、プロローグのナレーションで一気にテンション下がったのは俺だけでは無いはず!
ちなみに批判はここ【ニコニコ動画】【H.264】 あかね色に染まる坂 ぱられる 【PS2】でw

 そして、新ヒロインの話。
自分は、お嬢様大好きということに気が付いた… 由貴様とか、麗華お嬢様とか、佐々美… あぁ、お嬢様言葉が好きなんです、そうなんです。加藤 英美里さんのお嬢様言葉が凄い良い… 無知感が堪らないんです、お嬢様。「は、柱って硬いんですの?」のセリフに脳が溶けたw
 しとねとか、接吻とか、外見とは間逆な和風な感じなキャラも良いですね。

 シナリオも全編リニューアルするというが、体験版は最初から違う。まさに、パラレルw
つかさシナリオは大幅に改変するだろうし、ミコト先輩は完全に別物に…彩がちゃんと登場するので、まぁ安心は期待はする。他ヒロインも、もちろん期待。
 華恋シナリオは、もしかしたらこの作品で一番美少女ゲーしてる感じなので、かなり期待。

 とまぁ、ここまで書きましたけれども…一番気になっちゃうのは相変わらず自己主張の強いBGM
青空の時は、そうでも無かったんだけど… 結局、この体験版でも5段階くらいBGM音量下げてプレイしたわけで…どうにか、なりませんかね?というか、気になるの俺だけってことか…



 さて、今思えば当ブログ開設してから1年経過していましたwパチパチ
そして、記念すべき初ゲームレビューは「あかね色に染まる坂」でした、なんか縁が深い作品です。PS2版はもちろん購入予定ですし、アニメも視聴予定。ともに、どのように仕上げてくるのか楽しみでなりません。とりあえず、PS2版はゆうやけ編に期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。