PCゲーム感想

ここでは、「PCゲーム感想」 に関する記事を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『さかあがりハリケーン』感想

戯画『 さかあがりハリケーン 』
11月28日に発売された戯画の『さかあがりハリケーン』の感想です。

シナリオ  ★★★☆☆
グラフィック★★★☆☆
音楽    ★★★☆☆
システム  ★★★★☆
キャラクター★★★★☆

おすすめ度 ★★★★☆

シナリオ
奈都希>>>>>涼>柚>>ゆかり>>ハル


 純ADVとして、『姫さまっ、お手やわらかに!』以来(と言っても、1年ぶりか)のねこにゃん原画。『姫さま(ry』を体験版で見限った自分としては期待してましたよ。もちろん、みんなもそうだよね?だが、期待は裏切りはしなかったものの、期待以上期待通りと言うには物足りなさを感じじゅにはいられない。

 主人公・巧が退屈な学校を楽しくしようと持ち前の有り余る行動力を発揮し、学園祭を開催する過程とその後が主となって描かれている作品ですが…

 ACT1(共通パート)の部分は、学園を楽しくしよう!と結成した学園祭実行準備委員会とその周りとの事態が二転三転したりしながら学園祭開催決定までを描いており、とても賑やかでキャラの掛け合いも面白く目の離せない展開が続き、これだけなら良ゲーの片鱗を見たと言っても過言ではないでしょう。

 その後のACT2(個別ルート)、学園祭準備からエピローグまでを描いた部分ですが、奈都希シナリオ以外がパッとしない。奈都希シナリオに力入れ過ぎて他が駄目になったというか、ACT1の時点でベクトルは奈都希シナリオに向かってるんですよね。正直、こんなに奈都希ばかりに焦点合わせてたら奈都希ルートに向かわなきゃオカシイんじゃないだろうかという、素晴らしい奈都希の優遇っぷり。まさに、奈都希フラグ祭り!
 個人的には、涼の過去とか巧の学園祭開催の動機とか考慮すると涼さんを優遇して欲しかったです…でも、涼ルートの後半は凄い良いです。パラシュート花火は、結構効きました。
 あと、自分が好きなエピソードは親子の和解ですかね?色んな縛りからの自立を良い気持ちで見させてもらった。巧の父・吟次の初めて巧の行動を認めた台詞は結構効いた。だが、他の部分で相殺されるけどな、この父と息子はww
 だから、別に悪いって出来じゃないんですよね。ただ、無難。期待しすぎるとガッカリするぞってだけで…

個性豊かなヒロインたちですが、全員1つたくましい信念を持ち合わせていて、それが巧と交わること(性的な意味じゃないよ)で巨大なハリケーンを巻き起こす物語は必見ではある。



というか、なんで加代ちゃん攻略できないんだと小一時間(ry 
スポンサーサイト
アニメ化も当然の様に決まり、発売日を間近に控えたPS2「あかね色に染まる坂 ぱられる」のプロモーションソフト…ようは、体験版をプレイしたので一応感想。

このPS2版での追加要素とは、サイト内にもあるように…
 その1:新ヒロイン”華恋”登場!!
 その2:キャラボイスのキャスティングを一新!!
 その3:シナリオを全編リニューアル!!
 その4:イベントシーンCGを大量追加!!
    となっております。

 やはり、一番の注目ポイントはキャスティング変更ですよね。
賛否両論ある…というか、PC版プレイした人からすれば違和感はありまくりでしょうが、優姫と観月先輩以外は個人的には及第点。平野綾さんは、俺たちが求めるベクトルとは違う方向に頑張っちゃてる感が否めないがw 体験版声無かったなごみ役は、もうラジオ聞いただけで…やめて下さいと(切実
というか、プロローグのナレーションで一気にテンション下がったのは俺だけでは無いはず!
ちなみに批判はここ【ニコニコ動画】【H.264】 あかね色に染まる坂 ぱられる 【PS2】でw

 そして、新ヒロインの話。
自分は、お嬢様大好きということに気が付いた… 由貴様とか、麗華お嬢様とか、佐々美… あぁ、お嬢様言葉が好きなんです、そうなんです。加藤 英美里さんのお嬢様言葉が凄い良い… 無知感が堪らないんです、お嬢様。「は、柱って硬いんですの?」のセリフに脳が溶けたw
 しとねとか、接吻とか、外見とは間逆な和風な感じなキャラも良いですね。

 シナリオも全編リニューアルするというが、体験版は最初から違う。まさに、パラレルw
つかさシナリオは大幅に改変するだろうし、ミコト先輩は完全に別物に…彩がちゃんと登場するので、まぁ安心は期待はする。他ヒロインも、もちろん期待。
 華恋シナリオは、もしかしたらこの作品で一番美少女ゲーしてる感じなので、かなり期待。

 とまぁ、ここまで書きましたけれども…一番気になっちゃうのは相変わらず自己主張の強いBGM
青空の時は、そうでも無かったんだけど… 結局、この体験版でも5段階くらいBGM音量下げてプレイしたわけで…どうにか、なりませんかね?というか、気になるの俺だけってことか…



 さて、今思えば当ブログ開設してから1年経過していましたwパチパチ
そして、記念すべき初ゲームレビューは「あかね色に染まる坂」でした、なんか縁が深い作品です。PS2版はもちろん購入予定ですし、アニメも視聴予定。ともに、どのように仕上げてくるのか楽しみでなりません。とりあえず、PS2版はゆうやけ編に期待。

『暁の護衛』プレイ感想

『暁の護衛』を応援しています!
今回プレイしたのは、3月27日にしゃんぐりらより発売された「暁の護衛」です。

シナリオ  ★★★★☆
グラフィック★★★★☆
音楽    ★★★☆☆
システム  ★★★☆☆
キャラクター★★★★★

おすすめ度 ★★★★☆

シナリオ
麗華>>ツキ>>妙>>>>>>彩>>>>萌
キャラ
麗華>>>>ツキ>妙>>彩>>>>>>>萌


 まず、はじめに…
なぜ、亜希子さんが攻略出来ないんだ!(´Д⊂ヽウワアァァァーー
他にも、鏡花様や朱美せんせーも魅力的なサブキャラが攻略出来ないのは憤りを隠せない!
木に気と書いて本気で、ファンディスク望む!!!

 と言っても、決して今作品のヒロインが悪いわけでは無い。むしろ、良い!
トモセシュンサク氏の描くキャラがみんな素晴らしすぎたというだけだ。
 衣笠彰吾氏のシナリオも悪いからというわけでも無く…ただ、アッサリし過ぎたというのが問題だったのかもしれない。
 起承転結の“転”の部分の盛り上がりが高すぎて、“結”の部分が物足りなかった。
この物語の最大の焦点である、禁じられたボディガードとプリンシパル(警護対象者)の恋愛についてだが、禁忌の由来やそこに生じる葛藤や障害が、表面の部分のみ抽出されて描かれてしまったのが残念。もっと、掘り下げて描かれたのが観たかったなというのが、本音。
唯一お嬢様でないメイドのツキが後味の良いエンディングに見えてしまうのも仕方無い。

そして、麗華EDでの謎の男。これ完全に海斗の父親だろ?常識的に考えて…
朱美せんせーに感じたデジャブ? 海斗を追ってきた杏子。
どんだけ、ファンディスク補完要素が盛り沢山なことか!!

マジで、ファンディスクを切望する!ファンディスクを切望する!


と、戯言は置いといて…
本作のシナリオについて一言
麗華シナリオ→ザッツ メインヒロイン!境遇は如何であれ出会う経緯は如何であれ、だいすき麗華様!
彩シナリオ→彩ルートだと思ったら、尊ルートだったことに絶望したっ!
ツキシナリオ→なんという運命。男女で、素を晒せる相棒のような存在(衣笠氏・談)が良い。海斗とツキの掛け合いに何度笑ったことかww
妙シナリオ→俺は、ロボとか無機物が絡む物語に弱いようだ。ご都合エンドだが、それが良い!
萌シナリオ→ウザイ娘。いらない娘。薫シナリオだけのために存在した娘。


はいwいつもどおり、自分の嗜好全開の感想ですww
じゃあ、最後に…
 ツインテールとニーソックスの絶対領域という黄金比を兼ね備えたフェチの固まりである麗華お嬢様について語ろうか?
 ツンデレという定義が難しくなった昨今、俺の前に天使が舞い降りた!
恋に無知な少女は、1人の青年にパーソナルスペースを許した。頭では理解出来ずとも、心には何時も彼がいて、態度は悪くとも真摯に接する彼女に1つのツンデレの美しさを垣間見た!!というか、ツンデレか?ツンデレの定義は、まことに解し難い…
 ビジュアルでは、変則ツインテールとニーソックスという素晴らしい組み合わせ。しかも、側頭部に編まれた髪が綺麗な黒いリボンから伸びるツインテールを引き立たせているではありませんか! 腰まで伸ばされたツインテールから少し下に視線を逸らすと惜しげもなく披露される絶対領域!制服姿でしか御目に合えないが、その絶対領域はサンクチェアリなり!逆に、私服で隠された絶対領域とすらりと伸びた細い足をガードするニーソックスが愛らしい!まさに、彼女はニーソフェチ・ツインテフェチの我らのために生まれた女神なり!トモセ氏グッジョブ!!
 そして、彼女を語るうえで、自分が外せないと思うのはED曲「パーソナルスペース」
オープニングが海斗を歌った曲ならば、エンディングは麗華お嬢様の気持ちを歌った曲であろう
海斗との出会いからエピローグまでを綺麗に綴った歌詞が、何とも言えない。
プリンシパルが守られる気持ちは何なのだろうか?信じる気持ちか?
その信じる気持ちが、愛しさに変わるとするならば…二人で永遠を分かち合うことが出来るだろうか?
 孤高に立っていた二人が、パーソナルスペースを共有する物語に「together」「パーソナルスペース」という決して名曲とは呼ばれないかもしれないが、二人のための歌が合わされことで一層麗華お嬢様が輝いて見えるよw

よし、ファンディスクで麗華様に逢うために
皆で阪神を応援しよう!wwww

関連タグ : 暁の護衛,

『CloverPoint』プレイ感想

cloverpoint

4月末日に突然解散宣言したMeteorの『CloverPoint』を追悼の意味も込めてプレイしましたorz

シナリオ  ★★★★★
グラフィック★★★★☆
音楽    ★★★☆☆
システム  ★★☆☆☆
キャラクター★★★★★

おすすめ度 ★★★★☆

シナリオ
夜々>>>>>月音>>美緒里>>シロツメ>>>真星
キャラ
夜々>>>>美緒里>>>シロツメ>>月音>>>真星


久しぶりに、脳髄に響き渡るような良萌えゲーに出会いました。エロゲーであり、キャラ萌えゲーであり、泣きゲーとまでは行かないが完成されたシナリオ、そして素晴らしき近親相姦ゲー
キャラの完成度が高く、心情描写が秀逸。ここまで、心地良い脳内補完できるエロゲがプレイ出来るとは…

シナリオは、共通パート中盤~個別パート中盤の萌え濃度が凄い。プレイ中、萌えっぱなしだった気がwww とくに、夜々がツンデレというか兄デレで別人のような変わりようにタマボーロ吹いたww 他ヒロインも、幼馴染お姉ちゃん・ほんわり天然お姉ちゃん・年下お姉ちゃん・学園のアイドルという個性的なキャラが!!(←自らの嗜好入ってるw
改めて、この作品で声優さんの力というものを感じた。久しぶりに一色ひかる嬢の可愛い系の声も堪能しましたし(笑)
個別パート終盤のエロゲらしいシリアスな葛藤の描き方が良く出来ていて、主人公のヘタレ具合とヒロインの実直さのマッチが個人的に良かったです。

絵も、立ち絵イベント絵ともに中々の出来。カットインがもう少しあっても良かった気がするんですが、yuyiさんの絵は上手くキャラに馴染んでいてプレイするごとに深みが増して好印象でした。

音楽は、エロゲらしい特別可も無く不可も無くw OP曲クローバーは夜々シナリオのための曲で、ピアノバージョンはひっそりとしたテーマでここぞというシーンで物語を惹き立ててくれました。シロツメEDで流れるGreenRoadは、この作品の各共通のテーマかな?桜井先輩のクローバーの使い方を示唆した歌詞がグッときた。

システムは別段、使いづらいというわけではないが痒いところまで手が届いて当たり前なADVばっかプレイしてきたから違和感が多少あったぐらい。

最後に、CloverPointは、夜々ちゃんに萌えるゲーム←これだけは言える!
夜々ルートは自分自身、萌え過ぎてプレイが滞ったくらいですからwww
みるさんの声が好きな方、妹大好きな方は是非プレイして頂きたい!



それにしても突然の解散には、誰もが驚いたでしょうね… シナリオは外注ながら、こういう良作を作ったエロゲーブランドが解散というは残念で仕方ありません
これからのスタッフの動向に注目したいです。とくにyuyiさん…
MeteorBlogのほうは健在なので、そちらのほうで今後の動きが伝えてもらえれば嬉しいですね
もしかしたら、ホビボックスの他ブランドに移ったり、新規ブランドを立ち上げたりするのかもしれませんし…

何はともあれ、今までご苦労様でした。今後の活躍に期待します

『つよきす2学期』感想・総括

2008年4月25日発売のきゃんでぃそふと「つよきす2学期」の感想を一応総合して書き残しておきます

シナリオ  ★★☆☆☆
グラフィック★★★☆☆
音楽    ★★★☆☆
システム  ★★☆☆☆
キャラクター★★★★☆

おすすめ度 ★★★☆☆

シナリオ
判定不可能
キャラ
瀬麗武>>乙女>>なごみ>>姫>>>>カニ>>>素奈緒>>>>>よっぴー


つよきすの続編と銘打つには、物足りませんでした。テンポは良かったんですが、パロディの切れはイマイチでシナリオの質も悪かったです。世界観の共有という、二番煎じならまだ良かったんですが、シナリオは季節感を変えただけでテキスト引用とか酷すぎる。このシナリオに面白味を感じるのは不可能でしたww

原画家が変わっても、トレースして配色変えただけのような徹底振りww まぁ、配色は此方のほうが自分としては好みですが…

音楽は、前作同様OP.EDとも良曲に仕上がってるんですよね。ED曲は前作と同じテイストで作られてるから、カニルートをプレイしてから聴くとさらに良い。BGMに関しては、橘瀬麗武が好きかな? それにしても、今回は自己主張の強い音楽ばっかでBGMの音量を低めに設定してプレイしました。悪くは無いのだけれど…

システムに関しては、良くも無く悪くも無いという印象でしょうか?一般的にADVに必要なインターフェイスは用いられてますし… でも、システムが充実されてきている今日此の頃これでは不足すぎる感じも致します。

キャラは、当然良いに決まってます。だって、つよきすだもの! 2学期で、キャラ崩壊とか新キャラが酷すぎるとか起きてたら暴動が発生するぜww 瀬麗武は、かなり良キャラなのだがシナリオが… 

瀬麗武だけでなく、シナリオの幅を拡げてキャラの側面や葛藤を描ければ、かなり面白い作品になったと思うんで残念です。
良く言っても悪く言っても、劣化版トレースつよきす。

つよきすの醍醐味である、ドタバタ感が少な過ぎなのも問題。 キャラの絡みが、全編通して少ない。新キャラを上手く使えない。
まぁ、ライターの力不足もあるが、はっきり言って手抜きにしか見えない作品・シナリオ構成にも問題あるかと…
エロゲとしては、十分面白いとは思えますが、ここは敢えて辛口で言わせて貰いました。

つよきすとしての力を発揮できなかった2学期ですが、また姫やカニなどのヒロインに逢えたのは嬉しくもありますwww
2学期は最悪だったなぁ、と思いつつ、つよきす3学期や姉しよ3が出たら、迷わず買ってしまうでしょうね…きっとwww

つよきす 2学期 大江山 祈 応援バナー
祈ちゃんが攻略出来なかったことが、2学期最大の汚点w

『つよきす2学期』感想その7


つよきす 2学期 近衛 素奈緒 応援バナー
素奈緒ルート終わり
このジャスティス…前作以上にノリノリである


このルート、他ルートに比べてキャラの介入が一番少ないですなぁ
お嬢なんか出てきたか?
それに、つよきすプレイ済みじゃないとヘタレオの原点が分かんなくて意味不ですゆえ
ていうか、あからさまによっぴーと素奈緒は手抜きしすぎだろwww
感想書けるってレヴェルじゃねぇ…ピーナッツバターピーナッツバター


ん~、こうしてプレイして、つよきす2学期はエロ特化&劣化縮小版つよきすと言わざる負えないな
つよきすと比べながらプレイするのは案外面白かったりww

関連タグ : つよきす,

『つよきす2学期』感想その6


つよきす 2学期 椰子 なごみ 応援バナー
なごみルート華麗に終了

展開に関しては何も言わない…何も言えない……
しかし、今回の天王寺は前作よりも一味違うぜ!ラストの天王寺の言葉に少し感動したよ…
2学期になっても立ち絵も名前も無い天王寺にだがな!
天王寺はどうでもいい人から、いい人にランクアップした!!

そして、なごみルートでは瀬麗武が活躍!!
しかし、この瀬麗武は異次元からやってきたなURYAAAA
どうみても、瀬麗武ルートからやってきました本当に(ry
信用できるから頼られるから守ることが出来るわけで…守る力の意味を知っている発言だなぁと銀ちゃん



うん、やっぱり俺には眼鏡属性は無いなキッパリ

『つよきす2学期』感想その5


つよきす 2学期 蟹沢 きぬ 応援バナー
カニルート終わった

予想通りのバカップルエンドでしたww
極限ヘタレレオ
輝けフカヒレ
最高の兄貴スバル
対馬ファミリーがあってこそのつよきすですよねぇ

つよきすほどの熱さは無かったが、これはこれで良かったと思われる。
スバルの星5つの誓いの5つ目を守り続けるというレオとスバルの漢の誓い
これを繋げたのとスバルの漢を見て俺が泣いた
スバルは結局、弟想いの素敵な兄貴にしかなれなったという(泣

我らのスバル兄貴は漢すぎる!
それにフカヒレも3年と2ヶ月に1回しか言わないカッコいい台詞を惜しげもなく披露しやがって…
だが、自分は撃沈したがwww
それでこそ、俺たちのフカヒレだぜ!

それにしても、乙女姉さんはいい仕事するな、毎度のことだが…
お姉ちゃん大好き



ネギ1本で数多の戦をひっくり返したと聞く闘将=マダム
ネギ1本…
ネギ…
初音○クのことかーーーーーー!(違いますw

関連タグ : つよきす,

『つよきす2学期』感想その4


つよきす 2学期 佐藤 良美 応援バナー

よっぴールート完! プレイ時間1時間足らず…

手抜きってレヴェルじゃねぇぞwww
シナリオだけじゃなく、CGまで手抜きやがりましたよ、奥さん

わさび仮面も驚く、神展開でした乙
スバル兄貴だけが正義!!!


うーん、しかしエロゲーらしいと言えばらしいのか?
レオの言ったとおり「順番が逆」=レオが好きと伝えることが、あの屋上で言えれば全て解決だったんですがね…
ボタンを掛け間違えたら、掛け直せばいい。それに、レオは距離を置くという答えを出してしまったんだが… スバル兄貴の言葉には感嘆の意を表するぜ!!
ボタンとボタンホールの話は良かったが問題というのは、感情や思いのすれ違いから生まれるのだが、肝心の心の描写が少な過ぎたのが残念…
そこを手を抜かなければ、もっと良い物になった気がする


まぁ、何が言いたいかというと
スバル兄貴最高!!
と言う事だ

関連タグ : つよきす,

『つよきす2学期』感想その3


つよきす 2学期 鉄 乙女 応援バナー
乙女ルート完了!!

もう何も言う事は無い…
乙女さん最高過ぎる!
こんな、お姉ちゃんが大好きです


だが、それにしても、キャラの絡みが少なすぎる… 

竜鳴祭の瀬麗武との対戦とか良かったのだけれど… テキストの使い回しを設定の共有と履き違えてないかと? テキストの使いまわしは時として絶大な効果を発揮するが、この場合はないと思う。凄い胡散臭い。純粋で誠実な乙女さんだからと、もっと期待してしまう俺が愚かなのだろうか?

しかし、素奈緒を身を挺して庇った熱血レオなどは、2学期らしさが出たかなとも思った
だからこそ、2学期では素奈緒や瀬麗武、幾蔵との絡みをもっともっと引き出して欲しかったかな…

関連タグ : つよきす,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。